Categories:

タイルが剥落して危険な為、緊急工事です!!

まずは打診調査を行い、注入工事と貼り替え工事のマーキングをしていきます。

打診調査及びマーキング状況
剥落部分

調査後の補修箇所

現場名等は伏せておりますが、このように簡単な補修図面を作成し、補修箇所や数量等が分かるように致します。

注入工事をする為にまずは穴あけを行います。
躯体直貼りなので、挿入するステンレスピンはM4×30㎜です。
なので穴の深さ35㎜まで振動ドリルであけていきます。

穴あけが終わると次に清掃をします。
内部に溜まっている埃等をエアーダスターで吹き飛ばしています。

樹脂注入!!!
エポキシ樹脂E-208を浮きが止まるように確認しながら注入していきます。

ステンレスピン挿入!!!
躯体とタイルを完全に固定させる為に全ネジステンレスピンM4×30を挿入します。

穴埋め!!!
注入した穴を目地セメントで埋めます。

注入工事完了!!!
スポンジで綺麗に拭き上げて完了です。

タイル貼り替え箇所の斫り状況!!!

目荒し状況!!!
躯体に細かい傷をつけて貼り付けボンドの接着強度を高める為に全体に目荒し(カップリング)をしております。

清掃状況!!!
ブロワーで埃を綺麗に吹き飛ばします。

タイル剥落した部分には一部、躯体に木片が混入しており、この木片も当然撤去します。

木片撤去後の写真です!!!

ポリマーセメントで下地を作っております。

撤去後
撤去後
撤去後

ハイフレックス塗布状況!!!

タイル貼り状況!!!

目地入れ状況!!!

完了!!!

    Tags:

    No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP