甲南女子大学トイレ改修工事


いよいよタイルを貼ります

男子トイレは福井タイルのエース2人が貼っていきます。
本日は後輩の翔吾がタイルを貼り、先輩のひとしは翔吾のサポート(手元作業)に周るみたいです。
まずはタイルの割り付け、墨出しをしていきます。この割り付けがタイルを貼るうえで最も重要な作業です。
割り付け・墨出しが終わると次にタイルを貼っていき、目地詰めを行い、完成! という流れになります。
福井タイルのエース2人は先輩だからタイルを貼り、後輩は手元をするとかではなく、お互いに日々切磋琢磨し職人としての腕を磨いているのです。
さすがエースたち👍

割り付け・墨出し
タイル貼りつけ状況

息の合った連携プレーであっという間に貼り終え、最後に離れたところから目地の通りを見て確認しています。
悪い所があれば微調整し、より美しい仕上がりを目指します。
この後は目地詰めをして完成です。

目地の通りの確認
完成

女子トイレは昨日に引き続き応援の職人さんたちにまかせて仕上げてもらいました。
女子トイレは男子トイレの約2倍の広さなので、3名で施工しています。

女子トイレ タイル貼りつけ状況
目地詰め状況

イッセイ建設代表の上地さんによる最終確認!!!
悪い所がないかなど検査をしてもらいます。
「OK!大丈夫!!」と言う言葉を頂き、完了です。
皆さん、本日もお疲れ様でした。

検査
完成