下地補修工事ー塗膜浮き

天井の吹き付け塗装部分が所々浮いて一部、剥落していたりもしていました。
この写真は浮き部分を撤去し、綺麗に清掃を行った後になります。
この後はカチコテSPというカチオン系のポリマーセメントで後日、補修してきます。

カチコテSPを水で練り合わせた物を先日撤去した所に塗りつけます。
まっすぐ平になるようにします。

最後に水を含ませた刷毛で周りをぼかしていきます。
塗装屋さんがこの後に吹き付け塗装をするので、周りとの段差があると仕上がりが悪くなるので、塗った所との境目は必ず刷毛でぼかします。

One response

  1. タイルだけじゃないんですね。
    腰の具合はどうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP